ラ・バンク・ド・ロア | 横浜・山下町の結婚式場「横浜市指定有形文化財」一棟貸切のウェディング

見学予約 資料請求

お電話でのご予約・お問い合わせ

045-277-1122045-277-1122

平日 12:00~18:00 / 土日祝 10:00~20:00
月・火曜日定休(祝日除く)
感染症拡大防止のため通常営業より定休日・
営業時間を短縮させていただいております

facebook"" instagram

WEDDING REPORT ウェディングレポート

【有形文化財×アットホーム】ふたりが出会った横浜の地で、新しい記念日を

大学時代にサークルで出会われたおふたり。出会いの場となった大学は、ここ横浜の地でした。
「結婚記念日には必ず素敵な想い出を残していきたい」とお話しされていたおふたりは、夫婦としての記念すべき一日に"いつまでも残っていく"この場所『ラ・バンク・ド・ロア』を選んでくださいました。

招待人数 : 48名 SEASON:SPRING

#40-70名規模 #挙式&披露宴

-Wedding day-

春のあたたかな光につつまれるこの場所が、おふたりのウェディングの舞台。
ゲスト用のウエイティングルーム『Rose(ローズ)』には、おふたりの姿が描かれたウェルカムボードが。絵が上手な新婦様のお兄様が手作りしてくださった素敵なウェルカムアイテムと共に、ゲストの皆様をお迎えいたしました。
-Styling-

重心を低めにした品格あるまとめ髪に、ゴールドやパールが繊細な輝きを放つヘアードをあしらったスタイリング。ブーケは白いドレスにはっきりと映える、花弁の多い花材を使った鮮やかなクラッチブーケをセレクトされました。
繊細な刺繍とふんわりとしたチュールが美しいロングトレーンのウェディングドレスが、旧露亜銀行から受け継がれる22段もの大理石大階段に美しく映えます。
-First meet-

天窓からの暖かな日差しが差し込む幻想的な『音の教会』。旧露亜銀行の大広間だった空間をそのままチャペルとしてリノベーションし、今も昔も変わらない姿で新郎新婦様を祝福します。
ドレスアップした姿はお互い内緒のまま、お支度を済ませたおふたりはそれぞれチャペルへ向かいます。新婦様の合図で向かい合った新郎からは、少し照れたような優しい笑顔がこぼれました。
-Civil wedding-

ふたりが選ばれたスタイルは「人前式」。自分たちで考えた誓いの言葉を読み上げ、ふたりの結婚をゲストの皆様に承認いただくセレモニーです。
「いつも感謝の気持ちや思いやりを忘れません」「すれ違いや喧嘩をした時は仲直りするまでしっかりと話し合います」「結婚記念日には必ず素敵な思い出をつくります」など、ふたりが紡ぐ言葉にゲストの皆様からは暖かい拍手があふれました。
-Music box ceremony & Bouquet toss-

建築美と共に100年受け継がれてきたアンティークオルゴール。円盤にはおふたりの名前と挙式日を刻印し、かつて金庫室として使われていた場所で大切に保管いたします。
『音の教会』に響き渡る豊かな調べを聴きながら、セレモニーはゆっくりと結びに。緊張もほぐれた再入場後、新婦様はご友人の皆様とブーケトスを行われました。
-Coordinate-

白亜の空間にアンティークのシャンデリアや壁面装飾が気品と温もりを添える披露宴会場『Camellia(カメリア)』。会場とトーンを合わせた統一感のあるコーディネートに、深い赤色やパープルなど、新婦様のブーケにも使われている差し色を程よく組み合わせました。
お一人おひとりの席札に書かれていたのは、おふたりからのささやかなメッセージ。席札をきっかけに、待合のお時間もゆるやかな歓談が続きます。
-Party start & Cuisine-

オープニングムービーをきっかけに、おふたりの祝宴がスタート。ご友人からの心のこもったお手紙や高砂席でのフォトタイムなど、華やかなパーティ空間で思い思いのひと時をお過ごしいただきました。
乾杯のご発声と共に運ばれるのは、おもてなしの料理『アペティスタイル』。華やかに盛り付けた前菜やスープをスタッフが目の前にお持ちし、お一人おひとりにお好きなものをお好きなだけお選びいただくスタイルです。
ゲストそれぞれの希望を叶えるおもてなしに、各卓からはお喜びの声を頂戴いたしました。
-Wedding cake & Thanks bite-

側面に桜の花びらが舞う春らしい苺のウェディングケーキは、ラ・バンク・ド・ロア専属のパティシエが新郎新婦様のご要望をお伺いしながら一つひとつ手作りしたもの。
ケーキ入刀後、サプライズで呼び出されたのは新郎様の大親友と新婦様のお姉様。これまでのありがとうの気持ちをたっぷりとスプーンに乗せ、おふたりからゲストへのサンクスバイトを行いました。
-Leaving one's seat-

お色直しへと向かうおふたりがエスコート役に指名されたのは、それぞれの大切なご友人。3人で仲良く手を繋いだり、肩を組みあったり…おふたりの普段のお人柄やゲストとの関係性が伝わってくるような心暖かなひと時となりました。
-Guess the dress game & Letter from a friend-

ウェルカムボードの他に、受付に用意されていたのは3色のコップと小さなカード。再入場時、新婦様が何色のカラードレスで登場されるかをゲストの皆様に当てていただく人気のセレモニーです。
見事ドレスカラーを当てられた皆様にはおふたりからのギフトがあり、全員で盛り上がれる素敵なプログラムとなりました。
その後も続くおふたりとのフォトタイムや、ご友人からの感動的なお手紙など…会場には常にゲストの皆様と過ごす時間を大切にされるおふたりの姿がございました。
-Breakup party-

パーティの結び。おふたりはそれぞれのご家族に、生まれてから今日までの日数を刻んだ「子育て感謝状」をご用意。これまでの感謝とこれからへの気持ちを込め、新郎新婦様はそれぞれ感謝状を読み上げます。
ギフトと花束を贈呈された親御様からは自然な笑顔が。大切な人の喜ぶ顔、おふたりの晴れ姿と、皆様が笑顔になれる瞬間にたくさん出会えた祝宴となりました。
-From the staff-

『音の教会』にて誓われたおふたりの言葉のように、ふたりで力を合わせ、苦難を乗り越え、喜びを分かち合い、温かい家庭を築いていってください。ラ・バンク・ド・ロアのスタッフ一同も、心よりおふたりのことを応援しております。
おふたりの大切な一日を当館にてお手伝いさせていただけましたこと、本当に光栄に思っております。ラ・バンク・ド・ロアはいつまでもおふたりの帰ってこられる場所として、オルゴールと共にお待ちしております。
一覧へ戻る

BRIDAL FAIR おすすめのブライダルフェア

ブライダルフェア一覧を見る