ラ・バンク・ド・ロア | 横浜・山下町の結婚式場「横浜市指定有形文化財」一棟貸切のウェディング

見学予約 資料請求

お電話でのご予約・お問い合わせ

045-277-1122045-277-1122

平日 12:00~18:00 / 土日祝 10:00~20:00
月・火曜日定休(祝日除く)
感染症拡大防止のため通常営業より定休日・
営業時間を短縮させていただいております

facebook"" instagram

WEDDING REPORT ウェディングレポート

【10年のお付き合いを経て】最大限にセンスを活かしたおもてなしのDIYウェディング

高校1年生から10年間お付き合いを経てご結婚されたおふたり。
ご来館当初は"キリスト挙式"しか知らない新婦様でしたが、おふたり自身の言葉でゲストに誓うスタイルを知り「自分たちの言葉で誓いあいたい」と"人前式"をお選びになりました。

会場コーディネートのコンセプトは「アンティーク」。
結婚証明書、席札、席次表、スタイリング、会場装花…、こだわりが詰め込まれた結婚式は、たくさんのゲストをおもてなしする素敵なひと時になりました。

招待人数 : 90名 SEASON:AUTUMN

#40-70名規模 #挙式&披露宴

-Welcome space-

柔らかな緑に日差しが差し込む心地よい日に、ふたりの結婚式は行われました。
ゲストをお迎えする白亜の待合室『Rose(ローズ)』に飾られたのは、おふたりの前撮りフォトや手作りのウェディングジャーナル。雄大なロケーションで撮影されたスケール感のあるお写真やシーリングスタンプが館内の雰囲気を引き立てます。
-Floral wedding certificates-

ウェルカムスペースに用意されたのはガラスの額縁。横のフワラーボックスから好きな花を選んでいただき、ゲストの皆様と一緒に作り上げるオリジナルの結婚証明書です。
少しずつ華やかになる額縁を、ご来賓の皆様も楽しそうに見守っていらっしゃいました。
-Styling-

美しくウェーブをかけた髪をシニヨン風にまとめ、生花をブーケのように飾り付けたヘアスタイリング。差し色の青がウェディングドレスのスタイリングに美しく映えます。
光沢とドレープ、質感の異なる二段構成のウェディングドレスに合わせたのはブラウンアクセントのタキシード。オーソドックスな白シャツと濃いブラウンの蝶ネクタイが、程よいカジュアルさを演出してくれます。
-Civil wedding-

吹き抜けの天窓から優しい陽光が差し込む『音の教会』。ラ・バンク・ド・ロアに初めてご来館いただいた際にはキリスト挙式しか知らなかった新婦様でしたが、「10年お付き合いしてきたので、自分達の言葉で誓いたい」と人前式をお選びになりました。
これまでの想いを言葉に込め、皆様の前で永遠の誓いを結ばれたおふたりを待っていたのは暖かな拍手。皆様と一緒に作り上げた結婚証明書も、とても素敵な思い出なったのではないでしょうか。
-Music box ceremony & Bouquet toss-

『音の教会』という名前にふさわしい音楽に満ちあふれた感動の挙式後は、ゲストからの祝福に包まれるフワラーシャワーとブーケトスのセレモニー。
厳かな挙式後に用意されたゲスト参加型の演出に、ご来賓の皆様からも自然な笑顔がこぼれます。暖かな光が満ちる空間での和やかなひと時となりました。
-Chronology-

チャペルからパーティ会場まで続く通路に飾られたのはおふたりの年表。高校1年生の時から今日までの思い出が、お洒落な額縁に収められています。
おふたりのこれまでをご存知のゲストの方々が、懐かしそうに足を止められるワンシーンもございました。
-Coordinate-

ゲストと垣根なく触れあえるよう、おふたりが希望した席はソファーブース。季節を感じさせてくれる花材と布を合わせたコディネートは、アンティーク感漂う大人可愛い仕上がりに。
ゲスト宅に用意されたのは各卓用のインスタントカメラとアンティークキーの席札。それぞれの名前が刻まれた鍵モチーフやこだわりの引出物バッグがゲスト同士の歓談のきっかけになりました。
-Party start-

オープニングムービーから始まったおふたりの結婚式。ベールアウトされた新婦様と少しリラックスされたような新郎様から、今日のために集まってくれたゲストの皆様へご挨拶をされました。
ご来賓スピーチでは会場に笑顔があふれるワンシーンもあり、賑やかなパーティの幕開けとなりました。
-Cuisine-

ラ・バンク・ド・ロアのお料理はオリジナルの『アペティスタイル』。ゲストのテーブルにスタッフが数々のお料理をお持ちし、その中からお好みのものをお好きなだけお選びいただけるスタイルです。
今日の気分や好き嫌い、食べる量までも自分で調整できるこのスタイルは、幅広い年代の方から愛されるラ・バンク・ド・ロアのおもてなしのかたち。おふたりの大切なゲストの皆様に、初めての体験をお届けすることができました。
-Wedding cake & First bite-

飾りのように立ったデザインのクリームと秋めいたオーナメントが素敵なウェディングケーキ。おふたりのご要望やイメージをお伺いし、専属のパティシエが今日のために作り上げた作品です。
よくお見かけするのは新郎様から新婦様へのファーストバイトですが今回は逆。新婦様から新郎様へのバイトに続き、新郎様がお持ちになったのは少し大きめのスプーン。たっぷりケーキを乗せたそれを新婦様のお口元へ運ばれ、ゲストの皆様からは"おー!"という歓声が上がっておりました。
-Leaving one's seat-

お食事や歓談で盛り上がる華やかな会場。おふたりはお色直しのため、エスコート役のゲストと共に会場を後にします。
新婦様の中座後には、ソファー席でご友人同士のお話しを楽しむ新郎様のお姿が。ゲストの皆様と垣根なく過ごしたいというおふたりの希望が、ごく自然に叶った素敵なワンシーンとなりました。
-Changing one's dress & Champagne round-

笑顔や涙を誘う手作りプロフィールムービーの上映後、スタイリングを変え再入場されたおふたり。新郎様の華やかなベストやタイ、新婦様のドレスライン、シューズまでこだわったセンスある装いがアンティークな会場に映えます。
各卓を周るおふたりの手にはシャンパンのボトルが。各テーブルのゲストと笑顔を交わしながら、シャンパン&フォトラウンドを愉しまれました。
-Surprise & Propose-

パティシエ考案の季節のスイーツと共に案内されたのはおふたりのご友人からのスピーチ。それぞれの大切なご友人から暖かいお言葉を綴ったお手紙に、おふたりからは笑顔がこぼれます。
続けて始まった余興はゲスト同士の垣根を超えたサプライズ演出!ご親族の方も巻き込んだ一体感のある展開の先に待っていたのは、バラの花束を持った新郎様のお姿です。
長くお付き合いされてきたからこそ伝えられるこれまでの想いやプロポーズの言葉に、新婦様からは感動の涙と笑顔がこぼれました。
-Breakup party-

祝宴の結びに新郎新婦様が伝えたのは、親御様に向けたたくさんの感謝の想い。おふたりらしい等身大のお言葉に、親御様からは笑顔が溢れるシーンも。
親御様にはおふたりが生まれてから今日までの日数を記載した子育て感謝状と記念のワインボトルを記念品としてプレゼント。お見送りの際にはゲストの皆様にドライフルーツ入りのグラノーラをご用意されました。
-From the staff-

結びのその時まで、涙あり、笑顔あり、時には笑いもあり…。たくさんのご友人と温かなご家族と皆様で一緒に過ごした、おふたりらしい思い出いっぱいの結婚式になったのではないでしょうか。
おふたりの大切な一日を当館にてお手伝いさせていただけましたこと、本当に光栄に思っております。ラ・バンク・ド・ロアはいつまでもおふたりの帰ってこられる場所として、オルゴールと共にお待ちしております。
一覧へ戻る

BRIDAL FAIR おすすめのブライダルフェア

ブライダルフェア一覧を見る